手作りのお節句吊るし飾り~♪


こどもの日です~♪

恒例の手作りお節句用吊るし飾りです



d0046702_09571558.jpg




息子たちが幼少時には

兜を出して 鯉のぼりを泳がせて

健やかな成長と健康を祈る一大イベントでしたが

今や 柏餅を頂き 菖蒲湯に入り~~

子育て時代を懐かしむ日でもありま~す 笑




d0046702_09511662.jpg





蛇足ですが

お友達は一緒にお教室に通って仕上げた吊るし飾りを

息子家族にあげたら 一度も飾ったのを見たことがない・・ 

どうしたの? と 聞くこともできない・・今どきの姑

あちらの事情もあるのですから 仕方ないですが

少しの思いやりがあったら嬉しいわね




お願いします
にほんブログ村





Commented by popo119-32 at 2018-05-05 08:16
お早うございま~す(^^♪
いつも手作りを飾られたり、作られたりと感心している私です
作ると言っても簡単ではなく、時間をかけての手作りですから
大切にしたいですねぇ~
わざわざ買う人もいるのですから…私のように……(_ _。)・・・シュン
Commented by kamome1125 at 2018-05-05 10:06
ポポさん
何年か前に作った飾りですが 毎年出して楽しんでいます
いつもパッチワークで綿布は慣れていますが
絹は縫いにくく慣れた頃が出来上がりでした
いつも拙い作品をご覧いただき嬉しいです 有難うございます <m(__)m>
Commented by pepepapa at 2018-05-05 16:05 x
手作りのつるし飾り素敵ですね。
子供の日にピッタリです!

今日の仙台は、午前中にわか雨が降りましたが
午後からは晴れ間が広がりました。
ゴールデンウイークも明日で終わりですねぇ。
Commented by kamome1125 at 2018-05-06 04:33
pepepapaさん
年中お休みの我が家ですが 気忙しい日々でしたから
やっと日常に戻れるような気がします
吊るし飾りをほめて頂き有難うございます~♪
Commented by はなこ at 2018-05-06 14:09 x
針を少し離れてしまったら、めっきり針仕事をしていません。
しっかりした重みのある男の子用のつるし雛ですね。素敵な出来上がりですね。

蛇足の件ですが・・・
嫁と姑は、永遠のテーマで、言いだしたら限りなくあれこれあるのが当たり前なことでしょう。
私も最初は、お嫁ちゃんという目で見て感じていましたが、あることがきっかけで
「自分の娘」と思うことにしたのです。((息子を自分の息子と思うように)
そうしましたら、「まぁ、私の娘ならば、仕方ないワ。」と、考えられるようになり
「まぁ、こんなものでしょう・・・。」と、なりましたのよ。笑っちゃいますね。
自分と対等に思ったり考えたりしたらうまくいきませんね。
生まれた時代も環境も違うのですから。
「自分の娘」と、思ったら、まぁ大抵のことはこんなものと、思えるようになりましたよ、不思議です。
本当の家族になるとは、時間のいることではないかと思いますが。
Commented by kamome1125 at 2018-05-07 06:04
はなこさん
ほめて頂き嬉しいです~♪
柔らかいシルクで作るのは厄介でしたが
何とか出来上がりました

永遠のテーマと云われていますが
仰る通り其々が時間をかけて本当の家族になれるので
小さな積み重ねも大事ですね
「息子が選んだのだから・・・」と
最後は自分に言い聞かせていましたから
分かっているけれど 偶には愚痴りたいですね~ 苦笑
Commented by エグランティーヌ at 2018-05-07 09:14 x
お雛様もかわいかったけど、この端午の節句のつるし飾りも華やかで素敵です。
全くやったことがないけれど、時間がかかりそうな作品ですね。
丹精込めてよく作られましたね。

お友達、作ってあげたのが飾られたのを見たことがないなんて・・・・
すっごく残念でしょう。
買ったこいのぼりでも、「まだ出してあげてないなぁ・・・」って気になって、
息子に「早く飾ってあげなさいよ。喜ぶのは数年しかないんだから」って催促しましたよ。
Commented by kamome1125 at 2018-05-08 08:04
エグランティーヌさん
吊るし飾りをほめて頂き有難うございます
絹で作るのは慣れてないので難儀しましたが
こうして吊るすことができて嬉しいわね

そうなの~~あれは何処に?と聞けないもどかしさに
愚痴っていましたが 手作り品を差し上げるのは
難しいですね 私も気を付けます・・・・
名前
URL
削除用パスワード
by kamome1125 | 2018-05-05 07:17 | ひとり言 | Comments(8)